Slackの使い方

提供:Code4Lib JAPAN
移動: 案内, 検索

Slackは、チームでの共同作業を目的に開発されたチームコミュニケーションツールで、世界中で利用されています。

本家のCode4Libでも利用されています

まだ利用されたことのない方は、この機会にぜひ使い慣れて、日々の業務や趣味の活動でも活用してみましょう。

目次


[編集] 準備

[編集] アプリのインストール

Slackでは、Windows、Mac、Android、iOS(iPhone/iPad)などのアプリが提供されています。あらかじめインストールしておきましょう。

Slackアプリのダウンロード

アプリのインストールが難しい場合は、ブラウザ(Google Chromeなど)での利用も可能です。

[編集] Code4Lib JAPAN Slackのアカウント作成

参加申込の際の自動返信メールに、Slackのアカウント作成に必要な招待用リンクが記載されています。

招待用リンクをクリックすると、メールアドレスの入力画面が表示されます。

Slackメールアドレス入力.png

メールアドレスを入力して[続行する]をクリックすると、手元に確認メールが届きます。

Slack自動返信メール.png

[ここをクリックして続行]をクリックすると、Slackのアカウント作成画面が表示されます。

Slackアカウント作成.png

氏名(Slack上で表示される名前、他の参加者からあなたが認識されるものが望ましいです)、パスワード(自分で決めたもの)を入力し、[アカウントを作成する]をクリックしてください。

以下の画面が表示されれば、アカウント作成は成功です。おめでとうございます!

Slackアカウント作成完了.png

[編集] アプリの利用(任意)

いま、ブラウザ上でSlackが利用できるようになりましたが、アプリで利用できるようにしておくとさらに便利です。

ブラウザ上のSlack画面の左上「Code4Lib JAPAN」と表示されている箇所をクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。

プルダウンメニューの一番下の「Slackアプリを開く」をクリックしてください。

Slackアプリの起動.png

アプリ起動の確認メッセージが表示されますので、承認します。 (以下はWindows上のMicrosoft Edgeブラウザの場合。環境によってメッセージの表現が異なります)

Slackアプリ起動の確認.png

以下のようにアプリ画面が表示されれば成功です。次からはSlackアプリを起動するだけで使えます。

Slackアプリ起動の成功.png

[編集] 参加者用チャンネル #2020conf への参加

Code4Lib JAPANカンファレンス2020での参加者の皆さまのアナウンスは、「#2020conf」という名前のチャンネルを通じて行います。 アナウンスされた情報を確実にキャッチするため、必ず #2020conf に参加してください。

参加申込の際の自動返信メールに記載されているチャンネル参加用のURLをクリックしてください。

Slackチャンネルへの参加.png

以下のような画面が表示されればチャンネルへの参加完了です。

Slackチャンネルへの参加完了.png

[編集] Slackを使ってみる

Slackへの参加登録が完了しましたら、まずはご自分のプロフィールを完成させて、挨拶メッセージを送ってみましょう。

[編集] プロフィールを完成させる

Slackのヘルプページを参考に、ご自分のプロフィールを編集してみましょう。顔写真もアップロードすると、他の参加者の方により覚えてもらいやすくなりますので、お勧めです。

[編集] 挨拶メッセージを送ってみる

[編集] 特定の人にあててメッセージを送ってみる

[編集] 興味をもったメッセージに反応してみる

[編集] さらにSlackに詳しくなる

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス